デフォルトパラメータ

ジェネリックパラメータはその後に = を加えることででフォルト値を指定することができます。呼び出し側でパラメータ指定が省略された場合にデフォルト値が使われます。

module ModuleA {
    function FuncA::<T = 10> (
        a: input logic<T>,
    ) -> logic<T> {
        return a + 1;
    }

    let _a: logic<10> = FuncA::<>(1);
    let _b: logic<20> = FuncA::<20>(1);
}

デフォルトパラメータはジェネリックパラメータリストの最後に置く必要があります。そうでなければ、どのパラメータが省略されたかが曖昧になるためです。

module ModuleA {
    function FuncA::<T, U = 1> (
        a: input logic<T>,
    ) -> logic<T> {
        return a + U;
    }

    // エラー
    //function FuncA::<T = 1, U> (
    //    a: input logic<T>,
    //) -> logic<T> {
    //    return a + U;
    //}

    let _a: logic<10> = FuncA::<10>(1);
    let _b: logic<20> = FuncA::<20, 2>(1);
}